最低賃金総合相談を利用してみませんか

今日は私、「最低賃金総合相談」の相談員の当番にあたっており、一日、労務士会の事務所に缶づめになっておりました。「最低賃金総合相談」は、(原則は、)「最低賃金の引き上げに影響を受ける中小企業事業主を支援する」ことを目的とした相談事業ですが、県下の会員労務士が、交替でその相談にあたっており、実質的には、(最低賃金以外の)年金も含めた社会保険労務士が対応できるすべてのご相談に応じています。また実際の相談は、「職場のトラブル解決」に悩む労働者からのものも多く、勿論このような相談にも応じています。

但し、全般的にお受けする相談の件数は低調(一日平均1件程度)で、相談員は毎日相当余力を残しています。